快眠ショッピング


環境に優しいウッドスプリングベッドの選び方

最近では床板部分がベニヤ板ではなく アーチ型の木が付いているベッドフレームが増えてきました。 これがウッドスプリングのベッドです。

ウッドスプリングとはそのまま木のバネのことです。 アーチ型に組まれているので弾力性があり、 マットレスの下で体重を受けることができます。 つまり、ダブルクッションの1つの形態だといえます。

ウッドスプリングの特徴はダブルクッションと同じで、 通常のベニヤ板よりもクッション性があり、寝心地耐久性に優れています。 ダブルクッションと異なる点はウッドスプリングはエコだというとことです。

~ウッドスプリングのベッドフレーム~

ウッドスプリングは環境問題に厳しいヨーロッパで普及しています。ウレタンで作られたノンコイル系のマットレスを乗せて使用します。 これらを捨てるときにはすべて燃やせるようになっているのです。 この環境への配慮がヨーロッパで人気を呼んでいるのかもしれません。
また、燃やせるウッドスプリングが前提にあるからこそ 燃やすことのできるウレタンだけのマットレスが普及していくのでしょう。

この様にかなり魅力的なウッドスプリングのベッドフレームですが、 日本で選ぶならマットレスに注意する必要があります。

ウッドスプリングはアーチとアーチの間にすきまができるので ポケットコイルとはあまり相性がよくありません。 マットレスに体重がかかった時にポケットコイルが 落ち込んでしまう恐れがあるのです。
特に日本ベッドのシルキーポケットなどは注意してください。

もちろん連結スプリングマットレスとの相性は悪くないですが、 それなら普通のダブルクッションで問題ありません。やはりウッドスプリングフレームはノンコイル系のマットレスを 選ぶ人におすすめです。

≪ベッドフレームの選び方≫

TOPページへ戻る>>