快眠ショッピング


意外と知らないベッドの役割

なぜベッドがここまで急激に普及してきたのでしょうか。
今からベッドを購入する人は、なぜベッドにするかなど そこまで深く考えていないはずです。敷き布団で寝るという感覚すらないかもしれません。
布団の上げ下ろしがなくて楽だから。 寝る場所はベッドだと何となく思っている。
そんな理由で漠然とベッドを購入しているのかもしれません。 ただ、ベッドには快眠のためにもっと大切な役割があるのです。

日本の住宅事情の変化により和室は少なくなり 圧倒的にフローリングのお部屋が多くなり、 寝室もほとんどがフローリングへと変化しました。
ベッドが普及してきた原因はフローリングと無関係ではありません。 フローリングの場合、畳と違ってほこりハウスダストを吸収しません。 どうしても積りやすく、浮遊しやすいのです。床から30~40cmの高さまでは常に舞っていると言っても 過言ではありません。

その環境のなかで、敷き布団を使用し、低い位置で寝ることはできません。 そこで高さのあるベッドが必要とされたのです。眠る場所がベッドへとシフトした理由は それだけではありません。

フローリングが硬すぎて敷き布団では 身体に対する圧迫が強すぎます。 和室に敷き布団で寝ている感覚とは異なり どうしても寝心地は悪くなります。さらにフローリングのすぐ上では寒いという 温度的な要因もあるでしょう。

この様に、敷き布団からベッドへ変化した要因は数多く挙げられます。 どの理由も快眠のためには大切なことです。
今でこそ漠然とベッドを購入していますが、 快眠のためにもベッドの役割はしっかりと理解して 意識的に選ぶように心掛けましょう。まずは、ベッドの機能役割を知ることからです。

≪関連トピックス≫

TOPページへ戻る>>