快眠ショッピング


羽毛布団のダニ対策

羽毛布団を使用する時に気になるのがダニの存在です。 羽毛布団に限らず掛け布団全般にいえることですが、ダニは 気になります。ダニは、アレルギーの主要な原因になります。特に小児ぜんそくの9割がダニの影響と考えられています。 またダニはアトピーや鼻炎等のアレルギー性疾患の原因にもなるのです。

ダニは、暖かく湿ったところが大好きで、間のフケや皮脂、垢を食料にします。 実はこうした環境にピッタリ当てはまるのが、掛け布団や敷き布団等の寝具の中なのです。 ですから羽毛布団の選び方にもダニの存在は、無視できません。

では、ダニの影響を受けずらい羽毛布団とは、どのようなものでしょうか。
まず、羽毛布団の側生地の選び方です。

生地の打ち込み本数を確認してできるだけ打ち込みが多い生地の羽毛布団を選びましょう。打ち込み本数が多いとダニは羽毛布団 の中に侵入できないため繁殖してしまう恐れがありません。

また打ち込み本数が多い生地は、通気性に優れた布団になります。ダニは、湿度60%以上なると繁殖し活動的になります。 湿度50%前後に抑える良質な羽毛布団なら水分を溜め込んだりせずダニが喜ぶような環境を作りあげたりしません。

そして側生地の品質だけでなく羽毛布団の洗浄方法も確認しましょう。

人件費の安い中国や東南アジアで羽毛の洗浄している羽毛布団は、避けるほうが無難です。 全てが全てではないですが、洗浄が甘い製品が多いのも事実です。 洗浄が甘いとダニやバクテリアが好む餌を作りだしたり、ハウスダストを繁殖し易い環境を作ってしまいます。

この様にダニに注意した羽毛布団の選び方にはいくつかポイントがあります。 羽毛の側生地や洗浄までこだわると価格もかかってしまいますが、 良質な羽毛布団は、耐久性がありますし、健康や快眠をその金額で 手に入れられるなら結果的に安上がりと考えられるかもしれません。

<関連トピックス>

TOPページへ戻る>>