快眠ショッピング


羽毛布団の側生地の選び方

正しい羽毛布団の選び方をするには側生地選び方が重要です。

通常、羽毛布団の側生地は、綿かポリエステルになります。 安価な羽毛布団の側生地にはポリエステル100%か綿とポリエステルの混毛が使用され、高価な羽毛布団になるにつれて綿が使用されるようになります。
綿の方が肌触りや通気性が優れていますので羽毛特徴を最大限生かしてくれるのですが、特にその中でも超長綿と呼ばれている極細の長い綿で緻密に織られている生地の感触は最高です。 柔らかく体にフィットしますし、いつでもべとつきがなくサラッとしているのです。

また何十万もする高級羽毛布団になるとシルクの側生地を使用しているものもあります。
確かに肌触りや光沢感は申し分ないですし、シルクが持つ美肌効果も魅力です。 また吸湿発散性にも優れていますので綿以上にさらさらしています。

ただし、耐久性やお手入れの仕方には注意が必要ですので販売前にメンテナンスや取り扱い方法を正しく理解してから購入するようにしてください。

では側生地はどの程度こだわるべきでしょうか。
羽毛布団の選び方は様々なポイントがありますが側生地の重要度はかなり高いと思ってください。 羽毛布団に充填されている羽毛自体も重要ですが、その良さを最大限引き出せるかどうかは側生地に左右されます。

確かに肌に触れないですし、布団カバーもかけてしまうので側生地は何でもいいかと考えるのも仕方ありません。 ただ、柔らかく繊細に織られた生地は布団カバーを掛けてもその柔らかい感触は伝わります。 その柔らかさは身体への密着度となり、温かさへとつながっていくのです。

一方厚くて硬い生地だと柔らかい感触が伝わらず心地よくありませんし保温性にも劣ります。さらに通気性も悪く蒸れやすい布団が出来上がります。
せっかく羽毛布団を購入するなら決して安くない買い物ですので側生地にもこだわるべきです。

また羽毛布団の生地には羽毛の吹き出しを防止するためダウンプルーフ加工というのが施されています。 シリコンなどの化学薬品を使用したり熱とローラーで生地の目を潰していくのが一般的なやり方です。
この加工をするとどうしても生地がかたくなりキュルキュル音がする場合があります。

決してダウンプルーフ加工が悪いわけでありません。
むしろ日本で販売されている羽毛布団のほとんどが羽毛の吹き出しがないようにダウンプルーフ加工されています。 ただし生地の素材だけでなく表面の処理方法のよっても羽毛布団の側生地の良し悪しが左右されてしますのは憶えとく必要があります。
手で触るとしなやかで柔らい生地を選ぶようにしましょう。品質表示が超長綿でも安心しないでください。表面加工の仕方で肌触りは変わります。

ぜひ店頭で手にとって確かめるようにしましょう。

<関連トピックス>

TOPページへ戻る>>