快眠ショッピング


羽毛布団のキルト(縫製)

羽毛布団のキルティングとは縫製仕立ての事を指します。表地と裏地の間に仕切りを作り縫い合わせる方法のことです。
これにより羽毛布団の側生地はマスを作りお部屋のように仕切られているのです。

羽毛のキルティングは、充填されている羽毛の特性を引きだすために大変重要です。 キルトの方法によっては、羽毛の本来の特徴を活かしきれないこともあります。

羽毛布団のキルトの主な役割は、羽毛が空気の層を作れるようにすること、体に沿うようなかたちにすること、そして羽毛の偏りを抑えるといった働きがあります。 そしてキルトの種類には大きく分けて2種類あります。

1つ目は平面キルトです。この縫製は羽毛布団の表と裏の生地をそのまま直接縫い付けます。
仕切りがないため手間やコストが省けますが 縫い目部分に全く羽毛が入ることができない為保温力が保てません。

もう1つは立体キルトです。最近の羽毛布団はほとんどがこの縫製です。
キルト部分にマチを入れることで部屋を作ります。これにより羽毛布団自体の高さを確保し、羽毛が均等に全面に行き渡るようになります。 そのため熱が逃げにくく保温力につながります。
(ちなみにマチは表地と裏地の間に作られる壁と思ってください。この壁は空気は通すのですが、羽毛が他の部屋にいかないようにする役割をしています。)

さらにこの立体キルトは進化して今だと2層式立体キルトという仕様も出てきています。 羽毛布団のキルトを2層式にしますので手間やコストは価格は多少上がりますが、羽毛の偏りを防ぎ空気の層を作れますので保温力が高まります。
そして立体キルトは部屋(マス)の数の作り方で寝心地に差がでます。 基本は4×5マスの羽毛布団です。 マスは少ないと体へのフィット感なくなりますし、マスが高すぎると羽毛自体のかさ高や膨らみは出にくくなります。 ですから4×5マスくらいが適当です。
ただし羽毛布団の特性に合わせてオーダーメードしてキルティングする寝具屋さんもあるくらいですから絶対視はしないようにしましょう。特性に合わせて選ぶのが大切です。

羽毛布団の選び方でキルティングは重要です。いくら充填されている羽毛が良質でも キルトによってはその特性を引き出せなくなるからです。

<関連トピックス>

TOPページへ戻る>>