快眠ショッピング


羽毛の吹き出しについて

羽毛布団を使用していると充填されている羽毛の吹き出しが気になることがあります。
この羽毛の吹き出しはどのように考えるべきなのでしょう。

結論から言ってしまえば全く羽毛が吹き出さない羽毛布団はありません。 それでないと羽毛の特性を生かすことが出来ないからです。 逆に吹き出しがない羽毛布団は低品質な粗悪品と言えます。

羽毛は保温力と吸湿発散性に優れています。空気を取り込んで保温力を高め、さらに湿気を放湿する特徴があります。 この羽毛の特徴は、羽毛布団の側生地に通気性があってはじめて生かされます。
もし仮に、側生地を全く羽毛が出ないくらいに表面をコーティングしてしまうと羽毛本来が持つ良さは生きなくなります。 つまり温かさを保ったり湿気を取り除くことができなくなるのです。

吹き出しは少ないに越したことはありませんのでダウンプルーフ加工といった吹き出し対策は通常どの羽毛布団でもされています。 側生地の表面をシリコンなどの化学薬品でコーティングしたり、ローラーで熱を与えながら目をつぶしていくやり方が一般的です。

どちらにせよこのダウンプルーフ加工を施していたとしても全く吹き出しがなくなるわけではありません。 なぜなら羽毛と一緒に充填されているフェザーの芯が側生地を突き破り外に出てくるからです。 そしてできた穴から羽毛が出てきてしまうのです。

最近はダウンプルーフ加工の技術も向上し以前の羽毛布団より吹き出しはなくなりましたが、それでも多少の吹き出しは仕方ありません。

ただし尋常ではないくらい羽毛が吹き出してくるようだと側生地に問題がある可能性があります。 穴が開いていたり、裂けていたり。その時は販売店かリフォーム業者の相談するようにして下さい。

特に針で刺したり、安全ピンで止めたりするのは裂けてください。ほんの小さな穴でもそこから羽毛が吹き出してしまいます。 また長年使用して羽毛のボリュームがなくなったと感じたら、販売店にリフォームや打ち直しを依頼しましょう。

<関連トピックス>

TOPページへ戻る>>