快眠ショッピング


羽毛布団の品質表示ラベル

羽毛の品質表示

羽毛布団の選び方には品質表示ラベルが大変参考になります。

日本羽毛製品協同組合(日羽協)が定める品質ラベルでどれだけのかさ高があるのかが把握できます。
かさ高とは、簡潔に言えば羽毛がどれだけ空気の層があり、保温性をもっているということです。
高品質で良質な羽毛ほど、このかさ高性能が優れています。

手にとって羽毛布団を触っても品質が良いかは、感覚的にしかわかりません。
羽毛の種類や産地、ダウン比率等の表記はありますが客観的な品質を見分けるのは、消費者にとって大変わかりにくいのが羽毛布団。

ですから正しい羽毛布団の選び方をするために客観的な品質を証明する品質表示ラベルを参考にすることが不可欠です。

  • プレミアムゴールドラベル~羽毛のかさ高180mm以上
  • ロイヤルゴールドラベル~羽毛のかさ高165mm以上
  • エクセルゴールドラベル~羽毛のかさ高145mm以上
  • ニューゴールドラベル~羽毛のかさ高120mm以上
GFマーク

以上が4つの品質表示ラベルで、かさ高が高いほうがより空気の層があり保温性のある羽毛を使用していることになります。
賢い羽毛布団の選び方ができるように選ぶ際の1つの目安にしてみてください。

また「G・F」マークという品質表示ラベルがあります。このラベルは、全日本寝具寝装品協会の厳しいチェックを受けており、 布団の名称、素材、取り扱い方法の統一表示基準に適合した商品だけについているラベルです。

この「G・F」マークがついてる羽毛布団はある程度信頼ができますので、良質な羽毛布団が購入できるよう上手に参考にしましょう。

<関連トピックス>

TOPページへ戻る>>