快眠ショッピング


羽毛布団の正しい使い方

羽毛布団使い方でよく誤解されていることがいくつかあります。

代表的なのが羽毛布団と毛布のかける順番です。

羽毛布団が先か毛布が先か迷っている人が大変多いようです。 確かに正しい知識を持っていないと迷ってしますのも頷けますが、羽毛自体がなぜ保温力があるかを理解していれば正しい使い方はすぐわかります。

羽毛布団は羽毛自体が温かいのではありません。 羽毛が持つ空気を自分の体温で温めるからこそ温かいのです。

そのことを理解していれば羽毛布団の本当の良さを味わうには身体に直接羽毛布団があたるようにすべきなので、羽毛布団の上に毛布をかけるのが正しい使い方なのです。

とにかく体温を伝えなければなりませんから毛布が先では羽毛布団の中の空気は温まりません。 羽毛布団を先に掛けて体温で温め、 外部から冷気が進入してこないように毛布で覆い隠すと考えれば良いと思います。

また夏の暑い時期での羽毛布団の使い方も誤解されています。

蒸し暑い時は、羽毛布団を押入れにしまい綿のタオルケットを使用してる人がいますがこれは誤りです。 羽毛布団の特徴は、湿気を取り除いてくれるところにあります。梅雨時期や夏寝苦しいのは、体にまとわりつく湿気で不快になるのです。決して暑いからではありません。

確かにタオルケットは軽いし肌触りもよいため使用したくなるのも仕方ありませんが、肝心の湿気を吸収するだけで発散しません。 そうすると毛穴がふさがれ呼吸しにくくなり寝苦しくなるのです。 羽毛布団を掛けておけば心配ありません。

羽毛布団は、吸収性と発散性に優れていますから汗や水分を布団の外に逃がしてくれるのです。 この働きにより夏でも羽毛布団の中はサラッとしていて心地よく睡眠できるのです。
よく夏風邪を引く方がいますが、それも羽毛布団の使い方が原因です。 冷房を使用して睡眠するのは確かに眠りやすいですが身体を冷やすのはよくありません。 ある程度部屋を涼しくして羽毛布団を掛けるのがもっとも快適に眠ることができます。 冷房をつけながらタオルケットで済まそうとするのはいくらなんでも体によくありません。 身体が睡眠中冷え切ってしまい夏風邪の原因になります。

最近では季節によってフレキシブルに変えられる二枚合わせの羽毛布団や夏用の肌掛け布団も充実していますので上手に使用してください。

<関連トピックス>

TOPページへ戻る>>