快眠ショッピング


ビックカメラの生毛工房(羽毛工房)の口コミと評判

あのビックカメラで羽毛布団を専門に取り扱っているのが生毛工房です。
実は20年以上の老舗の羽毛布団専門店で品質には絶対の自信持っています。 ちなみに生毛工房では羽毛布団を『生毛ふとん』と表記しています。
その生毛工房の魅力は、手ごろな価格で良質な羽毛布団が手に入るところです。 主力商品が4種類あるのですが、その全てにポーランド産の羽毛(ダウン)が惜しみなく充填されています。
しかも産地だけでなくそのダウンが大変良質です。その秘密はポーランドに自分達で管理できる自社工場をもっているからです。 この工場はポーランド政府からのお墨付きの自社工場で、優れた飼育環境のもと成熟した高品質なダウンが安定供給できます。

また生毛工房は直接ダウンを輸入しています。オペレーションに商社や中間業者を入れていません。 通常の仕入れルートは、羽毛工場から仕入れてそれを商社などに輸入してもらいます。
ただ生毛工房は全て自社でコントロールしています。その結果無駄なマージンがかからないため販売価格を抑えて高品質な羽毛布団が提供できるのです。

他では手に入りません。この安さでこの品質! ポーランド産グースダウンでシングルで39、800円 しかもダウン比率は最高の95% 側生地も超長綿(本来高級布団使用される生地です)

そして一押しがポーランド産マザーグースの商品。マザーグースは本来何十万もする高級布団に使用されますが最高のダウン比率95%にしてシングル79、800円。 側生地も最高レベルのインド超長綿・ サテン織りです。年間通して軽くて・温かくて・蒸にくい。 正直これ以上何を求めていけばいいのか分らないくらいの品質です。

やはりこの商品力は、布団専門店の強み自社工場直輸入の強みでしょう。他社にはそうそう真似できません。
しかも羽毛布団は安心の日本製です。羽毛の充填作業や縫製は手間と時間をかけ丁寧に仕上げています。
量販店ではマザーグースの商品はありますが、ほとんどが中国製です。洗浄の仕方が気になりますし、側生地もポリエステルを使用していますので品質の違いは明確です。 また百貨店や専門店だとこの品質は揃えられても、この価格はまず真似できません。

さらに生毛工房のアフターサービスは、驚きです。
購入後のクリーニング(打ち直し)が格安なのです。側生地代は有料ですが、何度でも加工料・足し羽毛代が無料です。 羽毛布団は約5年に一度リフォームが必要なためランニングコストはどうしてもかかるものですが、これが低価格ですみます。 これは生毛工房だけのサービスで、消費者は安心できます。

生毛工房の布団は、充填されているダウンが良質なため大変軽くて温かいため日本の厳しい真冬でも一枚で十分です。
冷え性の女性の方にも安心です。また側生地も織りが細かく通気性が優れているため生毛工房の布団は梅雨時期でも蒸れにくいです。暑がりなお子様や男性にも最適です。 サイズも通常の布団より長けが20cm長くなっていますから、180cm以上ある方でも冷気が足元から入らず安心です。

<関連トピックス>

TOPページへ戻る>>