快眠ショッピング


羽毛布団の収納方法

羽毛布団の正しい収納保管方法は、長く快適に使用するために大切なことです。
確かに羽毛布団はかさばりますから、収納方法に困ってしまうのは仕方ありませんが、 良い状態で収納・保管することで、毎年季節の変わり目で使用するときに気持ちよく使えることになるのです。

まず収納や保管する前に、必ず陰干して十分湿気を取り除いてください。陰干しする時は、側生地が傷まないように布団カバーを巻くようにしましょう。
問題は、その羽毛布団をどのように収納するかですが、よくおすすめされている圧縮袋は使用しないほうがよいでしょう。 様々な情報が飛び交い賛否両論はありますが、羽毛布団を収納している間も生きていると考えて取り扱うほうが長年快適に使用できます。

羽毛布団に充填されている羽毛は、絶えず呼吸をしていますが圧縮袋だと呼吸ができなくなります。 そうすると呼吸できない羽毛は死んでしまい弾力性がなくなり復元しなくなります。 つまりかさ高がなくなり羽毛布団の特徴である保温力が損なわれてしまうのです。

羽毛は一度復元しなくなるともう二度と元に戻ることはありません。 一度購入したら長年使用するのが羽毛布団です。値段も決して安くありません。
そうならないようにも圧縮袋の使用は避けるほうが賢明です。 圧縮袋が駄目なら入れる袋がないと困らなくても大丈夫です。 羽毛布団を購入したときに入っている袋に入れて収納するようにしましょう。 生きている羽毛布団を保管する方法としてはこれがベストな方法です。

羽毛布団の収納袋は、不織布で作られており通気性を良くするための工夫がされています。 その袋に湿気を取り除いた羽毛布団を空気を抜き小さくした状態で保存するのが正しい収納方法です。

保管する場所は、押入れやウォークインクローゼットが大半だと思いますが、出来るだけ高い位置に保管するようにしましょう。
湿気は低いところに流れますので、低い位置だと羽毛布団が傷みやすく衛生的にもおすすめできません。 よくベットの下の収納に布団を収納する人がいますが、ベッドの下は汗や湿気がたまりやすいので収納場所としては適していませんので注意して下さい。

<関連トピックス>

TOPページに戻る>>