快眠ショッピング


不眠症を知ろう~段階と症状

不眠症とはどのような状態なのでしょうか。
まず、自分の意志で眠らないのは不眠症とは呼びません。これは睡眠不足です。

不眠症とは何らかの原因によって、自分では寝たいという意志があるのに眠れない状態、また睡眠時間は充分とっているのに浅い眠りしかとれず寝た気がしない状態を指します。
不眠症は大きく4つに分類することができます。

<入眠障害>
眠る態勢をとってから30分から1時間も眠りに入れないこと。つまり極端に寝付きが悪い状態です。
<中途覚醒>
寝ているのに何度も目が覚めてしまうこと。この場合はほとんど浅い眠りしかとれていません。
<早朝覚醒>
朝早くに目が覚めてしまい再び眠りにつくことができない。自分の意志でする早起きとは異なります。
<熟眠障害>
睡眠時間は足りているのに、浅い眠りが続き、熟眠できていない。

これら4つの睡眠障害が不眠症です。
どれも深い睡眠がとれていないことが分かります。睡眠時間が足りないことを不眠症というわけではなく、 睡眠の質が極端に悪いことを不眠症と呼ぶのです。

不眠症から寝れないという焦りがさらに眠りを妨げるという悪循環を引き起こします。
また、不眠症はなかなか自分では気付かないため、たまたま疲れがたまっているのかもと考えてしまう恐れもあります。 一過性の不眠だろうと思ってしまいがちなのです。 その考えが不眠症を重症化させてしまうのです。

眠れない日々が続いたら、必ず対策をとるようにしましょう。

<関連トピックス>

TOPページへ戻る>>