快眠ショッピング


睡眠時無呼吸症候群SASとは?

睡眠障害のひとつに、睡眠時無呼吸症候群という病気があります。
この睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に10秒以上呼吸が止まってしまう一時的に無呼吸の状態になる病気のことです。 1時間に5回以上この無呼吸の状態になると、睡眠時無呼吸症候群であると言われます。

別名で、SAS(Sleep Apnea Syndrome)と呼ばれています。

無呼吸症候群は、気道がせまくなることが原因で発症しやすい病気です。 いびきが悪化すると睡眠時無呼吸症候群になると言われていることから、気道がなんらかの原因によって塞がれることによって引き起こされます。
この発症の原因には以下のようなケースがあります。

  • 肥満
  • あごが小さい
  • 花粉症や鼻炎アレルギー体質
  • 口呼吸
  • アデノイドなどの病気で、扁桃腺が腫れている
  • ストレスや疲れ
  • アルコール摂取によち筋肉がゆるんでいる状態

このようなケースが睡眠時無呼吸症候群を発症しやすい原因であると言われています。 肥満は首回りに脂肪がつくことによって気道が狭くなります。 花粉症や鼻炎アレルギー体質の方は、口呼吸が多くなるため。 ストレスや疲れは、筋肉がゆるんで下がのどに落ち込んでしまうために、SASになりやすいそうです。

睡眠時無呼吸症候群を放置してしまうと、生活習慣病を引き起こす可能性が高くなります。 高血圧や心臓病、脳卒中などの病気との合併症も多いそうです。
また、日々の生活にも支障をきたす恐れがあるため、すみやかな治療が必要な病気なのです。

睡眠時無呼吸は治療のできる病気です。
いびきが原因となることが非常に多いので、少しでも自覚症状がある方や、家族などがら指摘を受けた場合は、すぐに専門医に相談するようにしましょう。

<関連トピックス>

TOPページへ戻る>>