快眠ショッピング


寝つきを良くするための最も効果的な方法

寝つきが悪くて悩んでいる人は多いことでしょう。電気を消してベッドに入ったのになかなか眠れない。眠れないことにあせりを感じストレスが溜まる。 寝つきが悪いのは深刻な問題です。

そこで寝つきをよくするために体温と睡眠の関係をうまく活用してみましょう。
人は睡眠時に、体温の調節をしています。
レム睡眠中に体温は高くなり、ノンレム睡眠中に体温が低くなります。眠っている時に体温が低くなってくると、より深い睡眠へと入っていくのです。

では、眠りにつく時はどうでしょうか。
眠りに入ると、まずノンレム睡眠から始まります。ということは、体温は下がるはずです。

これを快眠するために利用してみましょう。入眠の質を高めるために体温を利用するのです。
まずベッドに入る前に、交感神経を刺激しない程度に体温を上げておきます。交感神経を刺激しない程度というのが重要なので必ず覚えておいてください。
そして体温が下がってきた時に、眠くなってくるはずです。そこで、すかさずベッドにもぐりこみましょう。

眠りにつく前に体温を上げる方法

ぬるめのお風呂にじっくりと入る
シャワーではなく、身体を芯から温めるお風呂でなくては意味がありません。熱いお風呂は交感神経を刺激するので逆効果です。
また、すぐにお風呂からでると、湯冷めをしてしまい風邪をひく原因となるので、注意が必要です。ぬるめのお風呂にじっくりと入ることは、体温を上げるだけではなく、 副交感神経を優位の状態にするという効果も期待できるので、快眠するための方法としてかなりおすすめです。
軽めの運動をする
体温を上げるのに効果的です。
ただ激しい運動は交感神経を刺激してしまい逆に目が覚めてしまうので注意してください。
ストレッチ程度の運動が最適です。

このような方法で眠りにつくまえに体温を上げておくことで 下がりやすくしておくと早く眠りに入りやすくなります。
寝つきが悪い人は試してみてください。 それだけでもかなり改善されるはずです。

<関連トピックス>

TOPページへ戻る>>