快眠ショッピング


快眠のために理想的な寝室とは

快眠するためには寝室の環境を整えることも大切なポイントです。寝室は人に見せるお部屋ではありませんが、 しっかりと睡眠をとり、明日への活力を生みだすという重要な役割を持っている重要なお部屋なのです。

快眠に理想的な寝室をつくるために、まずは、衛生面に気を遣いましょう。

フローリングの場合は、床から30cmまでの高さに常にハウスダストや埃が舞っています。 敷き布団ではなく、必ず高さのあるベッドで寝るようしましょう。
しかも、できるだけ大きなベッドを置くようにしましょう。眠ってしまえば、お部屋の狭さや圧迫感は気になりません。それであれば、寝る場所にスペースを割くべきなのです。 寝室は寝るためのお部屋ですから。

次にできるだけ交感神経を刺激しないような環境にすることを心がけます。
テレビやパソコンなどの交感神経を刺激しやすいものは絶対に置いてはいけません。携帯電話の画面ですらコーヒー何杯分ものカフェインと同様の覚醒効果があるそうです。 テレビやパソコンなどの画面はそれ以上に覚醒効果が高いと考えられます。絶対に置かないようにしましょう。

また、寝室に付ける照明はリモコン付きでベッドのなかでも付けたり消せたりできるものが理想です。電気を消しにいくという動作が 交感神経を刺激するかもしれないからです。

小さなことかもしれませんが、快眠を妨げる要因は極力、取り除いていく必要があります。

さらに、寝室のカーテンや寝具の色までこだわります。
副交感神経を刺激する薄いブルーやベージュ系の暖色系を選ぶようにしてみましょう。交感神経を刺激しやすい赤などは寝室のカーテンとしては望ましくありません。

このように快眠するためには寝室にさまざまな工夫をすることが大切です。
最初から寝室は眠る場所として考え、他の用途で使えないようにしてしまうことをおすすめします。

もちろんそれには、部屋の数や家族の人数などの考慮すべき点はありますが、睡眠を第一に考えて寝室づくりをしていきましょう。

<関連トピックス>

TOPページへ戻る>>