快眠ショッピング


快眠を妨げる就寝前の飲酒と喫煙

飲酒&喫煙

快眠を妨げる要因として、就寝前の飲酒と喫煙が挙げられます。ついやってしまいがちな飲酒と喫煙が睡眠の質を大幅に下げてしまっています。

まず、飲酒ですが、アルコールには睡眠薬のように眠たくなる効果があります。寝付きがよくなり、深い睡眠も期待できます。
ここまでなら逆に快眠に効果的なのではと思うかもしれません。ところがこの効果が期待できるのは最初のうちだけなのです。
徐々に眠たくなるという効果に耐性が働き、今度は眠れなくなってきます。お酒の量を増やせばまた眠れますが、また耐性が働きます。
つまり、最終的にはアルコール依存性となり様々な弊害を引き起こします。

就寝前の飲酒は一時的な効果はあっても、最終的には不眠の原因となってしまうのです。
次に喫煙ですが、たばこのニコチンにはカフェイン以上の覚醒作用があります。しかも、その効果が持続する時間も長いので、深い眠りは取りにくいのです。
実際に喫煙者には不眠症が多いそうです。快眠するためには、少なくとも就寝前1時間は喫煙をやめておきましょう。

<関連トピックス>

TOPページへ戻る>>