快眠ショッピング


快眠を妨げる様々な刺激~携帯電話やパソコン

副交感神経が優位な状態であることは、快眠するために絶対に必要です。
ところが現代では様々な刺激が快眠を妨げています。

携帯電話&パソコン

まず、携帯電話です。
いつでもどこでも携帯電話の画面を見ている人は多いですよね。もはや中毒といえます。
しかし、寝るまえに携帯電話の画面を見ることが 快眠の妨げになっているかもしれないのです。
携帯電話の画面にはエスプレッソ何杯分もの覚醒作用があるという研究結果があるそうです。 メールが気になる気持ちは分かりますが、 ぐっすり眠りたい日は画面を見ないように心がけましょう。

快眠のためには携帯電話を寝室に持ち込まないくらいの強い意志は必要かもしれません。

パソコンやテレビも同様です。交感神経を刺激するため快眠を妨げてしまいます。寝室には置かないなどの配慮をしましょう。

携帯電話にしてもパソコンにしても、もはや生活には欠かせないものです。使用しないというほうが難しいというのは分かります。
ただ不眠で悩んでいたり、睡眠の質が悪いと実感している人は就寝前の使用を控えてみてください。
携帯電話やパソコンは交感神経を強く刺激するため、快眠には有害なのです。

<関連トピックス>

TOPページへ戻る>>