快眠ショッピング


快眠するための食生活~就寝前の食事の取り方

夜~就寝前

快眠するためには食生活まで気を遣わなければなりません。そのなかでも就寝直前の食事は極力控えるようにしましょう。
就寝の直前に食べてしまうと、胃のなかに入った食べ物を消化しようと脳が活発に動いてしまいます。これでは脳がなかなか寝てくれません。

深い睡眠とは脳が寝ている状態のことです。消化のために脳が起きている状態では浅い眠りしかとれないのです。
そうはいっても極度の空腹でもなかなか眠れません。その時は、消化がよく温かいものを、少しだけ食べるようにしましょう。満腹感を感じるほど食べる必要はありません。

では、なぜ温かいものを食べるのがよいのでしょうか。それは体温に関係があります。
人は体温が下がってくると眠たくなります。温かい食べ物を食べて、一時的に体温を上げておくことで、下げやすい状態にしておくことが大切なのです。

寝つきをよくするためには温かい食べ物が理想的なのです。ただ、脳をしっかりと眠らせて熟睡するためには、まずは眠りにつく直前に物を食べないことが大切です。
ましてや、冷たいものを食べるのだけは絶対にさけましょう。

<関連トピックス>

TOPページへ戻る>>