快眠ショッピング


枕の種類

枕にはさまざまな種類があります。 首元に使用するものだけではなく、それ以外の部位に使用できる枕もたくさんあります。 そこで、まずは枕の種類からご紹介いたします。

~枕~
一般的に枕と呼ばれている、首元―頸椎をサポートするために使用する枕です。 マットレスもしくは敷布団と頸椎との間にできてしまう隙間を埋めるために使用します。 正しい寝姿勢で頸椎にかかる負担を軽減させます。 形や素材などさまざまな種類がありますので、自分の体型や寝姿勢、睡眠環境に合ったものを選ぶようにしましょう。
~抱き枕~
抱き枕は長さ1メートルくらいの長い枕で、抱きついて使用する枕です。 睡眠の質を高める睡眠補助寝具です。
癒されたり安心感が得られたりと、リラックス効果によって熟睡しやすくなります。 また、横向きの寝姿勢の体圧を分散させて負担を軽減させます。
妊婦の睡眠のサポートにも抱き枕は使用されています。 枕同様、ユニークな形状のものなど種類も豊富なので、肌触りがよく体にフィットしやすい抱き枕を選ぶようにしましょう。
~足枕~
足の疲れやむくみを解消するために使用する枕で、足の下に敷いて使用します。 フットピローとも言われています。 足を持ち上げて位置を高くすることによって血流を促し、足のだるさや疲れを解消します。
こちらも形や素材も豊富で、人気の足枕ではテンピュールやMOGU、王様の足枕などがあります。
~腰枕~
腰をサポートするための枕です。 睡眠時に腰の下に敷いて使用します。 腰が沈み込んでしまうのを防止するので、腰痛持ちの方におすすめの寝具です。
横向きの寝姿勢のときに使用すると、腰の痛みをやわらげる効果があります。 また、妊婦の方の睡眠時の姿勢のサポート寝具としてもよく使われています。 テンピュールのベッドバックサポートという腰枕は人気があります。

以上が睡眠時に使用する枕の種類です。 枕の種類によって機能や効果も異なりますので、気になる部分をサポートできる枕を選んでみるとよいでしょう。

<関連トピックス>

TOPページへ戻る>>