快眠ショッピング


枕の高さ

枕の理想的な高さは人によって違います。 枕の高さが合っていないと、肩こりやいびき、不眠の原因になってしまいます。 人間の体には凹凸があるので、敷布団やマットレスと頭部・頸部との間にできる隙間を埋めるために枕を使用します。
頭の形は人それぞれ違うので、この隙間を埋めるための枕の高さもまた人によって異なるということです。 理想的な睡眠時の姿勢は、立っているときと同じ姿勢で横になることです。 人間は、立っているときの姿勢が1番リラックスできる状態であると言われているからです。

では、枕の高さが合っていないと、どのように体に影響してくるのでしょうか。

枕が高すぎる場合
  • あごが下がるので、肩こりやいびきが引き起こしたり
  • 女性が特に気になる首のシワができやすくなったりします。
枕が低すぎる場合
  • 首が伸びて、あごが上がってしまうので、頭に血が上り起きた時に頭がぼーっとしたりします
  • 脳の刺激が増えて不眠を起こしやすくなります。

枕の高さが合っていないだけで、これらの症状を引き起こす可能性があります。
また、枕の高さは使用している敷布団やマットレスによっても変わってきます。 頭の形や寝具によって自分に合う枕の高さは異なるので、現在の睡眠環境にできるだけ近い環境で枕を選ぶということが重要なのです。
まずは、そうした環境の中で自分に合った高さの枕を選ぶようにしましょう。

<関連トピックス>

TOPページへ戻る>>