快眠ショッピング


枕と肩こりの関係

枕が合っていないと肩こりになる恐れがあります。長時間のデスクワークや目の疲れ、ストレス、血行不良など肩こりにはさまざまな原因が考えられますが、 その中でも、寝起きに肩が痛いと感じる場合は枕に原因があるかもしれません。
枕が合っていないと、体に無理な負担がかかり、体の一部分の筋肉だけを使い続けます。 その負担が肩にかかってしまうことで、肩こりを引き起こしてしまうのです。

このような状態で睡眠を繰り返すと、肩こりの悪循環にはまり、慢性的な肩こりへと悪化してしまうのです。
肩こりを解消するには、枕の高さが自分に体にぴったり合うものを選ぶことです。

さらに、頸椎のカーブに隙間なくフィットする枕を選ぶようにしましょう。
枕が高すぎたり低すぎてしまうと、肩に無理な負担がかかります。 また、頸椎のカーブに隙間ができてしまうと、頸椎の一部分にだけ体重がかかってしまい、血流の流れが悪くなったりします。

一般的に、枕の高さは5~7㎝くらいが理想的であると言われています。
しかし、体型には個人差がありますので、人によって理想的な枕の高さは異なります。

また、仰向き・横向き・うつぶせなど睡眠中の姿勢によっても変わってきますので、自分の寝相を知っておくことも大切です。 やはり、自分の体に合った枕を選ぶためには、実際に体感して試してみるしかないのです。
今使用している枕が体に合っていないと感じる方は、タオルを使って高さを調節してみてもよいかもしれません。 それでも肩こりが治らない方は、枕を選びなおしましょう。

西川のオーダーメイドまくらやロフテー快眠枕は、自分に合った素材や高さを選べるので、自分だけの枕を作ることもできます。 肩こりで悩んでいる方は、枕を見直してみましょう。

<関連トピックス>

TOPページへ戻る>>