快眠ショッピング


枕の高さを調節する方法

枕を選ぶときに最も重要なポイントは、枕の高さです。
枕の高さが合っていないと肩こりや睡眠障害の原因になってしまうことがあります。そのために枕を買い替える方が非常に多いです。
しかし、実は現在使っている枕でも、好みの高さに調節できる方法があります。 買い換える前に一度試してみるとよいでしょう。

枕が低すぎる場合
枕にタオルを巻いて、枕に厚みを出して高くする。
または、枕の下に厚みのあるものを置いて枕の高さを出す。
枕が高すぎる場合
肩のあたりまでかかるくらい枕を位置を下にずらして、枕が肩までしっかり支えられるようにする。
肩の下のあたりにタオルを折りたたんでマットレスとの間にはさんで、肩の部分だけを少し高くする。
ウェーブ型のテンピュールのオリジナルネックピローのような、枕の上下で高さが異なる枕を使用している場合は、ウェーブ型の山の低い方が首元にくるようにして寝る。
そばがら枕、パイプ枕、ビーズ枕は中の素材の量を調節することが可能で、中身を減らして高さを低くすることができます。

このようにして、家庭でも簡単に枕の高さを調節することができます。
しかし、あまりにも高さが合っておらず、特に枕が高すぎる場合は、無理に調節しようとすると、逆に背中に負担がかかってしまう恐れもあります。 その場合は買い換えたほうが体には良いです。
枕の高さが合っていなくて、枕を買い換えようと思っている方は、まずはこの方法で枕の高さを調節してみるとよいでしょう。

<関連トピックス>

TOPページへ戻る>>