快眠ショッピング


毛布の種類と選び方

冬になると大活躍するのが毛布です。 毛布も素材によって機能性が異なりますので、毛布の素材の違いについて紹介します。

ウール毛布
多くのベッドパッドや敷布団などにも使用される素材です。 吸湿発散性に優れているので、汗を吸って、さらに温かくなるという特性があります。 保温性が抜群。
ウールの繊維は水をはじきやすいので、汚れやホコリがつきにくいので衛生的です。 家庭で洗濯はできるものもあれば、ドライクリーニングのものもあるので、品質表示を確認してお手入れするようにしましょう。 なんといっても種類が豊富で、天然素材の毛布の中ではお手頃な価格です。
カシミヤ毛布
軽くて温かい素材です。 希少性の高いカシミヤ山羊の原毛を使用。 カシミヤ毛布は繊維が細いため、やわらかくなめらかな肌触りです。 見た目にも光沢があり、高級感もあります。
シルク毛布
高級衣料品にも使用されるシルクは、光沢が美しく、肌触りのなめらかな素材です。 綿の1.5倍の吸湿性、放出性があるので、さらっと心地よく使用できます。
美容の効果もあると言われているので、シルク素材の毛布に触れているだけで肌がすべすべになるとも言われています。 静電気が起こりにくく、汚れやホコリを寄せ付けないのでアレルギーの方でも安心して使用できます。
綿毛布
綿毛布は、夏は涼しく、冬は暖かく、一年中快適に使える毛布です。 通気性も良く、さらっと快適に使用できます。 値段もお手頃なものが多く、種類も豊富で取り扱いも多いです。 家庭で洗濯できるものが多いので、扱いやすい毛布です。
アクリル毛布
ソフトな肌触りの毛布です。 2枚重ねタイプと一重毛布タイプの2種類あります。 一重毛布タイプの方が、縫製に手間がかかるので、価格は高くなります。
最近では、特殊な加工が施されているものが多く、化学繊維でも静電気が起こりにくいタイプも増えています。 アクリルは、ご家庭での洗濯はできないものがほとんどです。

カシミヤやシルクなどの天然の高級素材の方が質は良いですが、化学繊維の毛布でも肌触りなどが良いものはたくさん出回っています。 使い方にあった毛布を選ぶようにしましょう。

関連トピックス

TOPページへ戻る>>