快眠ショッピング


化学繊維の敷布団の特徴と選び方

ポリエステルなどの化学繊維の素材を使用した敷布団は、なんといってもリーズナブルな価格が魅力です。
市販されているものも多く、種類も豊富で手に入れやすいのが特徴です。

ポリエステルなどの化学繊維はやわらかい素材です。 そのため、やわらかい寝心地が好みの方には相性が良いでしょう。 また、軽い素材でもあるので、押し入れに出し入れするのもとても楽です。
ただし、化学繊維の敷布団は羊毛や綿などの天然素材と比べると、吸湿発散性には劣ります。 湿気がこもった状態や、汗をかいてムレたまま放置してしまうと体に不快感を与え、快眠することができません。

日当たりの悪いお部屋で使用する場合は、天然素材の敷布団の方がより衛生的に使用できますので、天然素材をおすすめします。
お手入れ方法は、家庭では洗濯はできないので、クリーニングに出してお手入れしましょう。

最近では、化学繊維の素材でもホロフィルやダクロンなどの中空繊維を使用した衛生的な敷布団もありますので、衛生面が気になる方はこのような素材の敷布団を使用すると良いでしょう。 中空繊維の化学繊維を使用した寝具の場合は、ウォッシャブル対応のものもありますので、ご家庭で洗濯できる敷布団もあります。

ポリエステルなどの化学繊維は、羊毛や綿と組み合わせてある敷布団も多いです。その場合は寝心地も違えば、メンテナンス方法も異なります。 しっかり説明書を読んだ上でお手入れするようにしましょう。

関連トピックス

TOPページへ戻る>>