快眠ショッピング


綿の敷布団の特徴と選び方

敷布団に最も適している素材と言われているのが、綿の敷布団です。吸湿発散性もよく、一年中快適に眠ることができます。

同じ天然素材であれば、羊毛の方がさらに吸湿発散性には優れていますが、綿の敷布団も温度や湿度を一定に保ちやすい素材です。
そのため、ムレにくく体に不快感を与えません。

ポリエステルなどの化学繊維の素材と比較すると、寝心地はやや硬めです。 ただし、羊毛よりもやわらかいので、適度な硬さで、どんな方が使ってもちょうど良い寝心地です。 化学繊維の敷布団より重量もありますが、持ち運びするのが苦ではないほどの重さのものがほとんどで扱いやすい敷布団です。

綿はやわらかい素材なので、長年使用していると多少へたってくることもありま すが、化学繊維とは違って復元力もあります。
また、打ち直しをすることもできるので、長く愛用することができる天然素材の敷布団です。

化学繊維の敷布団より機能性にも耐久性にも優れていて、さらに扱いやすい素材なので、まずは綿の敷布団から試してみると良いでしょう。

関連トピックス

TOPページへ戻る>>