快眠ショッピング


羊毛敷布団の特徴と選び方

羊毛敷布団は、ポリエステルなどの化繊や綿の素材に比べると、値段はやや高めです。
しかし、天然素材の羊毛は敷布団の素材として適しているので、おすすめの敷布団です。

羊毛敷布団の最大の特徴は吸湿発散性に優れていることです。
羊毛の敷布団は綿の2倍の吸湿発散性があると言われています。そのため、湿気がこもることなく、いつでもさらっと快適に使用できます。
化学繊維の素材の敷布団は価格はリーズナブルではありますが、湿気がこもり、じめっとした寝心地になってしまうこともあります。

この羊毛は、夏は涼しく、冬は暖かい素材で1年中快適に使用できます。
夏は暑そうなイメージがありますが、実は湿気がこもらないため、さらっと涼しく感じることができます。
また、クリンプと呼ばれる羊毛特有の縮れた毛の繊維が、空気を含んだ層を作り出すので、保温力に優れています。そのため、冬は暖かく眠ることができるのです。

弾力性のある素材なので、へたりもすくなく適度な硬さがあります。 底付き感も少ないので、体に無理な負担がかからず、寝心地もとても良いです。

長年愛用する敷布団だからこそ、機能性と耐久性を重視した羊毛の敷布団は大変おすすめです。

関連トピックス

TOPページへ戻る>>